釣行記

境港画像

見えチヌをサイトフィッシングで攻略in境港

日時

2017年8月13日(日)14:00~19:00
小潮(境)
満潮:6:18(42cm)18:14(42cm)
干潮:11:46(31cm)

久しぶりの境港周辺

最近は、岡山方面ばかり行っていたので久しぶりに境港に行ってきました。新岡山港の水に見慣れていたので、山陰の水はかなりきれいに見えました。イガイを少しだけ取り境水道のカニかご岸壁から始めました。


カニかご岸壁のいつも釣れる場所があるのでそこから攻めました。するといきなり止めの当たりがあったので合わせるとギューンとすごい走らせて一瞬でラインブレイクしました。新岡山港のチヌと違い境水道の流れの中で育っているチヌはパワフルです。気を取り直して次によく釣れる場所周辺を狙うと目印が沈み切ったくらいで引き込みの当たりがあり合わせるとこれまたギューンと防波堤の下に入っていかれラインブレイクしました。

ここは防波堤の下がハニーケーソンになっているため掛けたチヌが一気に足元に逃げ込み取り込み辛くなっています。気を取り直して落としていると1ヒロくらいで止めの当たりがあり合わせるとギューンとすごい走ります。慎重にやりとりして3度目の正直でゲットしました。

一通り探って反応がなかったので場所移動することにしました。初めに行ったのが夢みなとタワーの所にあるイルカショー跡です。ここは、チヌが浮いているとサイトフィッシングが楽しめるので好きなポイントです。しかし、今日は浮きチヌが見えなかったので、一応サクッと一通り落として移動しました。

次は中野港に行きました。ここは船の下のチヌを狙います。ここもよくチヌが付いているポイントが決まっているのでそこを中心に狙っていきます。船の際ギリギリにイガイを投入して落としているとチヌが2、3匹出てきて餌を追っていきます。この瞬間のドキドキがたまらないです。イガイとチヌが見えなくなったくらいで目印が一気に走ります。軽く合わせましたが一気に走られ耐えますがロープがあり竿が自由に動かさずラインブレイクしてしました。掛けた後のイメージを持って投入しないといけません。

ラインを結びなおし次の船の下を見ていると船から垂れているロープの下にチヌ発見。そっと餌を投入するとどこからともなくもう一匹チヌが登場して2匹でイガイを追いかけていきます。また見えなくなったくらいで目印が走ります。こいつもすごいパワーです。大きいのかと思いましたが40cmくらいでした。新岡山港の50cm近いのより良く引きます。このパワフルなチヌが病みつきになりそうです。次のチヌは一回餌を見切るような動きをしたと思ったら、すごい勢いで餌を追いかけていきそのまま食って来ました。サイトフィッシングをしているとチヌの色々な面が見えて楽しいです。その後、2匹サイトフィッシングで追加しました。

夕マヅメに期待を持ちカニかご岸壁に戻ってきました。最初にバラした場所の近くで掛けましたがまた足元に潜られてラインブレイクしてしました。2ヒロまでをガンガン探っていると、ゴムのクッションの下にチヌが見えているので餌を落とすと、目印がスーッと早くなったので合わせるとギューン。今回は運よく沖に向かって走ってくれました。念のためズームを伸ばして足元に入ろうとしたときの対策を取ります。この作戦が功を奏したのか無事にゲット出来ました。同じようなパターンでもう2匹追加することが出来ました。ゴムの下に見えているチヌがいれば高確率でヒットまで持ち込むことが出来ました。

感想

境港のチヌは境水道の急流で鍛えられているのかすごくパワフルです。新岡山港のチヌより1.5倍くらい良く引きます。サイトフィッシングが出来てよく引くのでとても満足のいく釣行になりました。

関連記事

  1. チヌ(黒鯛)落とし込み・前打ち釣行in新岡山港

  2. チヌ画像

    チヌ落とし込み朝練in新岡山港

  3. フジツボバリュー

    ルアー(ワーム)でチヌ落とし込み調査in新岡山港

  4. ブラックジャックスナイパー

    渋いチヌを完全攻略in新岡山港

  5. 前打ちで釣ったチヌ画像

    台風前の落とし込み・前打ちin新岡山港

  6. 朝焼け風景

    前打ち釣行in新岡山港東側石積み

PAGE TOP