始めての落とし込み

ルアーロッド画像

ルアー(ワーム)でチヌの落とし込み釣り岸壁黒鯛とは

落とし込みをやったことがない人でも、ルアー(ワーム)とルアータックルで気軽に始めれるように考案された釣りです。専用のタックルがなくても落とし込みを気軽に楽しむことが出来ます。


岸壁黒鯛のタックル

ロッド

9f前後で柔らかめのロッド。Lクラスが使いやすいと思います。硬すぎるとラインブレイクしやすくなります。しかし、まずは持っているタックルで挑戦してみるのもよいでしょう。

リール

2000~3000番クラスでトラブルが少ないものが良いでしょう。

ライン

PEラインにリーダーという普通に使うラインシステムでいいです。PEラインは0.8~1.5号くらいでリーダーは6lb前後を使います。

チヌ針の3号前後を使います。

オモリ

オモリは針のチモトに打ちます。重さはB前後がいいです。出来るだけ軽めのものを選ぶとよいでしょう。
フジツボバリュー

目印

目印は使っても使わなくても出来ます。やりやすい方でやりましょう。

ルアー(ワーム)

イガイ、フジツボバリュー、パワーグラブなどのエサに似ているものが定番ですが、ジョイントキャンディーなどエサに見えない物での釣れるので色々と試して当たりのルアーを探していくのも楽しみの一つだと思います。

やり方

落とし方

目印を使う場合はラインを張り気味にリーダー分落としてそこから先は目印を海面に置いて目印の動きを見てアタリを取ります。目印を使わない場合は張り気味に落としていき時折止めてチヌにアピールしてまた落としていきましょう。

アタリの取り方、合わせ方

アタリは糸の変化で取ります。少しでも変化があれば少しラインを張って生命反応があればスイープに合わせをいれてください。PEラインを使っているので激しく合わせると合わせ切れが起こるので注意してください。

まとめ

これだけ書きましたが、本物のエサとルアーだと間違いなく本物のエサが釣れると思いますが、ルアーでも十分釣ることが出来ます。気軽に始めれるガングロゲームを楽しんでみてください。

関連記事

  1. ヘチ竿

    ヘチ釣りの仕掛けとやり方とは?

  2. 落とし込み

    チヌの落とし込み釣りとは?そして、その魅力は?

  3. チヌ画像

    チヌ(黒鯛)に対して最強!落とし込みが釣れる理由とは?

  4. 前打ちポイント

    前打ちの仕掛けとやり方とポイントは?

  5. チヌ画像

    チヌ(黒鯛)釣り最強釣法!?落とし込みの準備物、やり方とは

PAGE TOP