コラム

イガイ画像

チヌ落とし込みで時期別によるエサと棚の違いについて

チヌの落とし込み釣りでエサの選択は釣果を左右する重要なポイントとなってきます。その場所、時期で最適なエサを選択することが出来れば釣果を得る確率は高くなってきます。

また、狙う棚も重要となります。チヌの釣れる棚はその日によって違ってくるのでその棚を見つけることが釣果を伸ばすポイントになってきます。

1月~2月

エサ

  • フジツボ
  • パイプ
  • 青コガネ

狙い方

この時期のチヌは水温も低く活性も低いです。なので狙う棚は底や底付近になってきます。少し重めのオモリを使い一気に落としてそこから1ヒロ上くらいからキザミを入れていくと良いでしょう。そして、底に着いたら少し待っているとアタリが出る場合があるのですぐに上げるのではなく待ってみて下さい。底に着いた時にマーカーペンで糸に目印をしておけば効率よく底を狙うことが出来ます。


3月~5月

エサ

  • パイプ
  • 青コガネ

  • 1ヒロ~底

狙い方

この時期になると乗っ込みの時期になってきます。早い場所や天候によっては2月の後半くらいから始まり4月くらいまで続きます。乗っ込みの群れが入ってくると2ヒロ前後の棚で入れアタリになることがあります。なので狙い方は、まずは狙う棚を絞るためにゆっくりめに落とし込んでいきます。棚でアタリがないと底を狙っていくようになります。底を狙う場合はやはり1ヒロくらい上からキザミを入れて落としていくと良いでしょう。また、5月のゴールデンウィーク前後は乗っ込みが終わり一段落の時期になるので、チヌを釣るのが難しい時期になります。

6月~8月初旬

エサ

  • イガイ

イガイの取り方、使い方

  • 2ヒロまで

狙い方

チヌの落とし込み釣り最盛期になります。この時期のエサはイガイ一本でいけます。狙い方も2ヒロまでの棚を手返し良く探っていくことが釣果を伸ばすコツになると思います。
BroadLTE≪当サイト限定≫月額2,856円で使い放題!業界最安値で他社の実質価格よりも安い

8月中旬~12月

エサ

  • フジツボ
  • カニ
  • 緑イガイ
  • ミジ貝
  • イガイ

エサ変わり時期に効果抜群!フジツボの使い方

    • 1ヒロから底

狙い方

イガイが落ちるとエサ変わりの時期になりエサの選択が難しくなってきます。基本的にはその防波堤によく付いているものをエサにするといいでしょう。棚は11月くらいまでは表層で釣れることが多いですが、水温が低くなるにつれ棚が深くなっていくため、全体的に狙っていく必要があります。

まとめ

大阪湾ではだいたいこのような傾向になります。エサ変わりの時期では、イガイ着いていたフジツボだけにアタルという経験があります。その日の当たりのエサと棚をいち早く見つけることがたくさん釣りあげるコツになるので釣っている人がいたら観察して参考にすればよいでしょう。

関連記事

  1. チヌ画像

    チヌ落とし込み(ヘチ釣り)でのキザミの効果とやり方

  2. チヌ画像

    チヌ落とし込みでハリスの太さは釣果に関係ある?ない?

  3. イガイ採り

    チヌ(黒鯛)の主食!落とし込みの主役!イガイ(カラス貝)採り方、使い方…

  4. ヘチ竿

    チヌ落とし込み釣り用リールの選び方とおすすめのリール

  5. バルサ板

    チヌ落とし込み目印の役割と作り方

  6. チヌ画像

    チヌ落とし込みで餌を壁際にキープさせるテクニック

PAGE TOP