コラム

チヌ画像

チヌ落とし込みで餌を壁際にキープさせるテクニック

チヌの落とし込み釣りでは、餌を壁際10cm以内(出来るだけ近く)に落とすことが重要となってきます。もちろん10cm以内でないと絶対に食わないということはないですが、出来るだけ壁際を通す方が釣果に恵まれます。

潮の状況が良かったり、浅棚を狙うのであれば壁際をキープするのは簡単です。しかし、そのように良い状況だけで釣りをすることは出来ません。実際餌を落としていると餌がどんどん離れて行くことがあります。このような状況だと丁寧に壁際をキープするのとしないのでは釣果に差が出てしまします。


壁際をキープ出来ているか見極める方法

壁際をキープ出来ているか見極める方法は目印を上げる時の目印の角度で見極めれます。目印が壁の方に傾いて上がってくれば壁際をキープ出来ています。逆に沖の方に傾いていれば壁際をキープ出来ていないので修正をする必要があります。

壁際をキープさせるテクニック

ハリスをなじませる

餌を投入してすぐに目印を置いてはいけません。餌を投入したら最低でもハリス分くらいまでは、ヘチ釣りの要領で目印を出来るだけ壁際に近づけて張りを持たせて落としましょう。そうすることによりその先も壁際をキープしやすくなります。また、張りを持たせて落とすことにより浅棚での当たりを拾えるようになるので、いつの間にか餌を割られたということの防止にもなります。

それでも壁際をキープ出来ない場合

ハリスをなじませても壁際をキープ出来ない場合は、目印を岸壁の角に当てて待ちましょう。そうすることにより、振り子の要領で餌が壁に近づいてきます。そして、餌が壁に近づいてきたなと思えば目印を置いて落としていって下さい。餌が離れてしるなと思ったらその都度修正をしていって下さい。餌が止まって不自然な動きになって釣れなくなるのでは?と思う方もいると思いますが、餌を止めて待つというテクニックもあるので釣れなくなることはないです。むしろ餌が沖の方に行ってしまう方が釣れなくなってしまします。実際、目印を岸壁の角に当てて待っている時に引っ手繰る当たりでチヌが掛かったこともあります。

まとめ

チヌの落とし込み釣りでは丁寧に餌を落としていくことが重要になります。丁寧に壁際を落とすことで当たりを増やすことにもなり、さらに今まで拾えてなかった当たりも拾えるようになります。壁際をキープさせて1枚でも多くのチヌを釣り上げていただきたいと思います。

関連記事

  1. バルサ板

    チヌ落とし込み目印の役割と作り方

  2. イガイ採り

    エサ変わり時期に効果抜群!フジツボの使い方

  3. 玉の柄の装着方法

    チヌ落とし込み玉の柄の選び方・装着方法とおすすめのものは

  4. チヌ画像

    チヌ落とし込み(ヘチ釣り)でのキザミの効果とやり方

  5. イガイ画像

    チヌ落とし込みで時期別によるエサと棚の違いについて

  6. スライダー釣法用イガイ

    餌の進行方向を自在にコントロール!スライダー釣法とは

PAGE TOP